Layout Spacer Image

イースターはヨーロッパでシティブレイク

春休み週末旅行のアイデア 6 つ

フランクフルト、2019 年 3 月 21 日 - イースターが間近に迫っています。長い週末に備え今年初の短期旅行のアイデアを 6 つご紹介します。 どれも、車、電車、または短距離便でアクセスできる場所ばかりです。

 イスタンブールで食べ歩きと値段交渉の旅

古代の建造物、ビザンチン美術、華麗なオスマン帝国。イスタンブールには多くの顔があります。 2 大陸にまたがるこの都市では、観光客は、週末はもちろん、2 週間でも 2 か月でも退屈することなく過ごすことができます。 イースター休暇の始まりにぴったりなのは、エユップ地区にあるピエールロティカフェのコーヒーです。 ケーブルカーでピエールロティの丘の頂上まで行くと、金角湾のすばらしい眺めが壮観です。 国際的なバーの隣には伝統的なカフェ、モダンなフュージョン料理の隣にはメゼのレストランと魚屋があるなど、イスタンブールの食は、伝統と現代性のバランスが反映され、これ以上望むものはないほどです。 グランドバザールでは珍味やお土産を購入できます。ここに来たら値段交渉は必須です。上手に値切らないといけません。 賑やかなタクシム広場の上にある The Marmara Taksim では、客室からボスポラス海峡と金角湾の極上のパノラマビューが楽しめます。

ルール地方の中心で:エッセン

必ずしも大都市である必要はありません。注目されにくい小さな都市もなかなかおすすめです。 ルール地方はイメージが定着していますが、そうした偏見はもう当てはまりません。2017 年、エッセンはヨーロッパの都市に先駆けて構造転換を実施したその役割を称えられ、欧州グリーン首都賞を受賞しました。 かつて産業の拠点であった場所が、多くの見どころと共に訪れる者を驚かせてくれます。 鉄鋼、石炭、鉱山労働者の間で、産業遺産だけでなく、あらゆる形態の芸術と文化と脈動するナイトライフを期待できます。 ユネスコの世界遺産に登録されている旧炭鉱ツォルフェラインは、ルール地方では必見です。その多様性は遠方からでも足を運んででも見る価値があります。 Atlantic Congress Hotel Essen は、グルメ、ブティック街が人気の賑やかな「リュッテンシャイト」地区の中心に位置しています。 ルール地方の大都市を旅するスタート地点に最適です

小さいながらも強大なルクセンブルク

ルクセンブルクは面積が 3000 ㎢ に満たない世界最小の国の 1 つですが、訪れる価値のある隠れた名所です。 ルクセンブルクには 170 か国の人々が集まり、創造性、多様性、多文化、多言語といった独特のカリスマ性を生み出しています。 市内各所には博物館、劇場、イベントホールがあります。 大公宮殿の向かいにあるチョコレートハウスは旅のルートから外せません。 中世の建物の中で、チョコレートで作ったスイーツが楽しめます。 甘党にははずせない場所です。 市の中心部唯一の 4 つ星ホテル、Grand Hotel Cravat は、チョコレートハウスからわずか数分の場所にあります。 食べ過ぎたと思ったら、大公国全体に広がるさまざまなハイキングコースを歩いてみましょう。

気ままな都市でごちそうを:グラーツ

オーストリアはウィーンばかりではありません。ナンバー 2 も訪れる価値があります。 グラーツは、世界旅行者の中でも知る人ぞ知る穴場です。 特に建築に関しては、この街にはたくさんの魅力があります。 中世の建物のすぐ隣には、「フレンドリーエイリアン」としても知られるクンストハウスなどの壮大な近代建築があります。 グラーツではストリートアートも楽しめます。「シティビーチ」のムーア川にかけてとプフシュトラーセででは、とても面白い落書きが目を楽しませてくれます。 文化遺産と多様で活気あるクリエイティブシーンは、ウィーンの妹分グラーツを際立たせています。 そのような理由から、グラーツはユネスコのデザイン都市に選ばれました。 最高スタンダードの料理、現地の名物料理、農家料理など、グラーツの料理は多彩です。 グラーツがオーストリアで初めて「喜びの都」の称号を授与された都市であるのには、立派な理由があるのです。 グラーツの旧市街にある Grand Hôtel Wiesler はスタイリッシュなホテルです。  ソウルとアールヌーボーの間にあるようなこのホテルでは、快適なベッドだけでなく、レストラン、シュパイゼザールですばらしい料理が堪能できます。

バスク地方のピンチョスと芸術:ビルバオの旅

工業都市から文化の大都市まで:ビルバオはまだ観光客が殺到せず、訪れるには絶好の場所です。 バスク州最大の都市、ビルバオのランドマークは、チタン、ガラス、石灰岩を組み合わせて造られた未来的な建築が特徴のグッゲンハイム美術館です。 ビルバオの旧市街は小さく、ピンチョスめぐりに最適です。 マドリードではタパスを食べますが、ビルバオでは、小さなサンドイッチや料理を串で食べるピンチョスが定番です。 建築や料理が好きな人は、バスクの都市を居心地よく感じるでしょう。 Hotel Ercilla は、グッゲンハイム美術館とビルバオ美術館のそばにあります。 ビルバオの壮大な景色を望む最上階の屋上テラスは、お飲み物を楽しむのに最適な場所です。

文化と恋愛:パリ

パリモナムール。 フランスの首都は、ロマンチックな人や恋人たちのためだけのものではありません。パリは愛の街である以上に、ファッションの街であり、生き方そのものです。また、芸術と芸術家の象徴であると同時に、喜びの中心であり、フランスの中心です。 パリはシャンゼリゼ通りや、マレ地区の路地裏を散歩しながら、何度も魅力を再発見できます。 約 160 の博物館、200 のアートギャラリー、100 の劇場、数多くのショップ、広場、アーティスト、芸人など、常に新しい発見があります。  パリがヨーロッパで最も人気のある大都市の 1 つであることにはそれなりの理由があります。 その魅力は独特であり、多くのリピーターを引き付ける魔法がそこにあります。 シックでエレガントな Hotel Saint James Albany は、豪華な快適さが魅力です。おしゃれなオペラ大通りのショップやブティックから徒歩 5 分、ルーブル美術館から徒歩 10 分です。