Layout Spacer Image

2019 年のビジネストラベルの傾向

フランクフルト、2019 年 2 月 28 日 – 企業ビジネスは観光業界と渡航先の経済開発を支える重要な要素です。 今年、経済的安定と直行ルートの増加、安定した国際会議部門という全般的な風潮により、業界には大きな成長と何百万もの収益がもたらされました。 新しい技術と変化する習慣に後押しされて、企業旅行は旅行者のサービスにおいて根本的な変化を経験しています。 以下に、今年のビジネストラベル部門を形作る WorldHotels™ の予測と予想をご紹介します。 
 
パーソナライゼーション

企業旅行は、主に企業のポリシーに従うものですが、 ビジネスのための旅行に関しては、新しい考え方が浮上しています。標準的な旅のプロセスではもはや十分ではなく、パーソナライズされたアプローチが期待されているのです。 旅行会社は、ポリシーではなく人を優先しなければなりません。 ブランドは、プライベートでの休暇だけでなく出張でも、パーソナライズされたサービスを提供する必要があります。 データ、ビジネスインテリジェンス、分析は、今年カスタマーエクスペリエンスの向上に役立つでしょう。顧客が関わるすべてのステップで適用する必要があります。 まず、企業がすでに知っている番号から電話をしたときに、その企業を自動で特定するところから始まります。 過去の旅行者の行動を活用することで、独自の旅行商品やサービスを提供することができます。 パーソナライズされた旅行は、企業の行者に好みに合ったストレスのない旅行体験を提供することができます。 パーソナライズされた旅行体験は従業員の価値提案を高め、採用と人材維持を助けるため、旅行管理者と人事管リーダーにもメリットがあります。

ビジネスかレジャーか。 両方です!

従業員にミレニアル世代と Z 世代が増えた現在、ビジネストラベルに期待されるものと旅の仕方も変わります。 新たな世代は、ビジネスとレジャーの旅を融合させることに関心があります。 仕事と生活の境界線はますます曖昧になり、いわゆるブレジャー旅行が増加しています。ブレジャーの人気は今後も高まり続けそうです。 今年は旅行ポリシーが改善され、ビジネスとレジャーを組み合わせることもできるようになります。 この傾向により、旅行者の満足度向上とストレス軽減というメリットも得られるでしょう。

体験

ブレジャーへの注目が高まる中、今年は体験にもスポットライトが当てられています。 レジャーだけでなく、ビジネスでも現地の文化に浸りたいのです。 キーワードは「体験型旅行」。今日の旅行者は、一日中会議室に座っているよりも、現地の体験を好みます。 2019 年のビジネス旅行者のモットーは、滞在を最小限に留めて、急いで帰路につくことではなく、アクティブな滞在と現地の探訪、時間の有効活用です。

ビジネス旅行者の ウェルビーイング

出張はストレスを生み、生活にも負担になります。 2019 年、出張中の社員の健康と生産性は、最重要課題となるでしょう。 今日の企業旅行者には、旅行時により高い柔軟性とパーソナライゼーションが必要です。 ホテルでは、午後遅くまでチェックインできないことが多く、リフレッシュして会議に備えることはできません。 また、企業が宿泊を予約しなかったため、旅行者がとんぼ返りしなければならないこともあります。 ホテルが企業旅行者を対象にデイユースを始めるのはこのためです。 昔は費用にばかり注目がなされていましたが、旅行者の満足度にも注目がなされるようになっています。

ロボット

ここ数年、旅行、ホスピタリティ業界は、ロボット技術を導入してきました。 今日の旅行者は、便利で素早いセルフサービスを求めています。 ホスピタリティ業界では、ロボットがゲストを迎え、チェックイン、チェックアウト、ルームサービス、ゲストの案内、情報提供、荷物の配達も行います。 ロボットは休日や休憩なしで 24 時間 365 日稼働でき、給与を求めません。 しかし、ロボットは予期せぬ状況に適応することはできず、人間の同情と感情に代わることはできません。 ホテル業界は人のための業界です。しかし、今年はロボットが行う仕事がさらに増えるでしょう。

セルフ予約

企業の旅行者は、自立を求め始めています。彼らは自分の好みに応じてフライトと宿泊施設を選択したいと考えています。 モバイル予約と Airbnb などの民泊サービスにより、企業旅行者は自分の旅をストレスなく計画できるようになりました。 2019 年は、柔軟性を求める声が高まるでしょう。 今後数年はミレニアル世代の旅行支出が半分を占め、旅行消費ではきわめて顕著な力となるでしょう。 企業の旅行ポリシーは、彼らの旅のニーズと姿勢に応え、セルフ予約オプションを拡大する必要があります。

人工知能(AI)

人工知能は潜在顧客を引き込み、彼らに合った体験を提供する、その人に合ったサービスを知ることができます。 プロセスを合理化し、体験を最適化、パーソナライズすることができる AI は今年、さらにゲスト中心のおもてなしを実現してくれるでしょう。 AI は顧客サポートにもより頻繁に活用されるようになると考えられます。 チャットボットを使用して顧客と対話し、応答する企業が増えていくでしょう。 AI は行動とフィードバックに基づいて結論を引き出し、使えば使うほど賢くなります。 企業旅行者の好みや条件を分析し、パーソナライズされたおすすめを提案します。 今年は AI の分野でさらに多くの革新があるでしょう。 人工知能は、ビジネスの要求だけでなく、従業員の期待に応え、重要性の高まるトレンドとなっています。 ユーザーの導入を増やし、喜びを高める今年注目のテクノロジーの 1 つです。

モノのインターネット(IoT)

IoT を軽視できない時代になりました。 実際、まだビジネスの運用に変化は与えていません。 今年は効率を高め、中断を最小限に抑え、高まる旅行者の期待に応える新しい技術が、航空会社、ホテル、旅行販売店によって導入されるようになります。 ビッグデータ、プロセスの自動化、モノのインターネットは、ゲストの体験を高めてくれます。 モノのインターネットは幅広い機会を提供し、インターネットを通じたスマートデバイスの通信を可能にします。 この技術を活用して、照明や冷暖房をゲストの好みに合わせて制御したり、さらには、コーヒーマシンの管理にさえ活用するホテルが増えていきます。 モノのインターネットは、交換が必要になった際の通知もできます。 電子キーをスマートデバイスに送ることで、チェックインプロセスも促進できます。 IoT ソリューションは今年、ホスピタリティ業界で急速に発展し、日々賢くなっています。