ルクセンブルクの高級ホテル

良い物は包みが小さい。ルクセンブルク大公国はおそらくこのことわざのもっともすばらしい例です。 そのルーツが 10 世紀にまで遡るルクセンブルクには歴史が深く染み込んでおり、近隣のベルギー、フランス、ドイツの文化から大きく影響を受けています。 ヨーロッパの中心部に位置するルクセンブルクは、大陸の田園地帯にあり、古代の森、なだらかな丘、中世の城を囲む絵のように美しい村が果てしなく続く、まさに至高の国と言えます。 南北と東西の最長がそれぞれわずか 82 km と 57 km という小さなルクセンブルクは、世界の富とワインの消費量では常に世界のトップ 3 にランクインする魅力的な北ヨーロッパの小国です。 

ルクセンブルク

大公国の首都ルクセンブルク市は、ユネスコに登録されている歴史ある街で、壮大な崖の上にちょこんと建ち、まるでおとぎ話から出て来たように見えます。 この国に点在する数多くの歴史的名所の中で、全面改装されたローマンビアンデン城はルクセンブルクの主要観光スポットの 1 つです。 夜にはライトアップされたブールシャイト城を見て、昼にはクレルボー城を訪れるのもお勧めです。 ユネスコに登録された旧市街は、ルクセンブルクをヨーロッパ有数の最も美しい首都にしています。 この魅惑的な街に足を踏み入れ、トンネル、橋、石畳の道などが入り組む独特の迷路を探索してみてください。 

有名なボックの砲台を探検するのもお勧めです。崖の上に立つジークフリート伯爵の城の下に現れる岩のギャラリーと通路の面白いハニカム構造がご覧になれます。 1700 年代に遡るこの砲台の壁は、ルクセンブルクの魅力的な過去の物語を語り続けています。 第二次世界大戦中に被害を受けた国は多いかもしれませんが、今日では、この小さな国は驚くほどの発展を見せています。 ルクセンブルクは、今や世界有数の金融の中心地となり、幸運な来訪者に比類のない贅沢を提供しています。 ルクセンブルクの素晴らしい自然美、有名なレストランや博物館が並ぶおとぎ話の都、そのすべてがさらに観光客の心をとらえて離しません。